ピエ・フランコ

  • 2014.11.24 Monday
  • 11:44

ワインの勉強をすると必ず出てくる言葉「フィロキセラ」

葡萄栽培に大打撃を与えた葡萄の天敵、害虫です。




ヨーロッパ系の葡萄はこの「フィロキセラ」に対する耐性がなかったので、

耐性を持つアメリカ系葡萄の台木に接ぎ木せざるを得ませんでした。

今でもヨーロッパで栽培されているワイン用ブドウのほとんどは、アメリカ系葡萄に接ぎ木されたものです。




当初は高貴な葡萄が汚される!!と、

ブルゴーニュではその深刻さに対応を余儀なくされるまで、接ぎ木を禁止していました。

葡萄のオリジナリティがなくなっちゃう気がしますもんね・・・。




でも、一部のエリアでは奇跡的に「フィロキセラ」の被害を免れ

接ぎ木なしの葡萄が存在している畑も存在します。





この「カサ カスティーリョ ピエ・フランコ」もその一つ。

スペインでは接ぎ木していない葡萄樹のことを「ピエ・フランコ」といいます。

当然樹齢も高く、凝縮した葡萄からは素晴らしいワインが生み出されます。






そんな奇跡の葡萄から造られた希少なワインなんです。

一度味わってみてはいかがでしょ?!




カサ カスティーリョ ピエ・フランコ 2010」(日本国内120本限定)

 葡萄品種:モナストレル(100%) ¥6,480(税込)

 ご興味ございましたらキープも致しますので、ご連絡ください!!




店長
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM